W杯2連敗でも五輪「大本命」 高梨沙羅が抱える“不安”

公開日:  更新日:

 単なる偶然なのか。
 スキー・女子ジャンプのワールドカップ(W杯)個人第11戦(スロベニア=26日)に出場した高梨沙羅(17)は、2戦連続の2位に終わった。

 今季は19日の第9戦までに8勝を挙げ、ライバルたちは「五輪の初代女王は沙羅で決まり」と白旗を揚げていた。が、ここにきて11年世界選手権優勝(高梨6位)のイラシュコ(30=オーストリア)に連勝を許し、「鉄板予想」に疑問の声が出はじめた。

 くしくも連敗の直前、「ジャンプの女王」こと、サラ・ヘンドリクソン(19)の復帰報道が米国から飛び込んできた。こちらのサラは11~12年のW杯で総合優勝を果たし、昨年の世界選手権も頂点に。同8月に右ひざの大ケガをしながら23日には米国代表に選出された。

 高梨は今季第6戦(札幌)の勝利で、W杯通算勝利はヘンドリクソンに並ぶ14となり、翌日の優勝であっさり記録を更新。連敗したスロベニアでの2連戦には、ヘンドリクソンに並ぶジャンプ女子シーズン最多の9勝目がかかっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る