W杯2連敗でも五輪「大本命」 高梨沙羅が抱える“不安”

公開日: 更新日:

 単なる偶然なのか。
 スキー・女子ジャンプのワールドカップ(W杯)個人第11戦(スロベニア=26日)に出場した高梨沙羅(17)は、2戦連続の2位に終わった。

 今季は19日の第9戦までに8勝を挙げ、ライバルたちは「五輪の初代女王は沙羅で決まり」と白旗を揚げていた。が、ここにきて11年世界選手権優勝(高梨6位)のイラシュコ(30=オーストリア)に連勝を許し、「鉄板予想」に疑問の声が出はじめた。

 くしくも連敗の直前、「ジャンプの女王」こと、サラ・ヘンドリクソン(19)の復帰報道が米国から飛び込んできた。こちらのサラは11~12年のW杯で総合優勝を果たし、昨年の世界選手権も頂点に。同8月に右ひざの大ケガをしながら23日には米国代表に選出された。

 高梨は今季第6戦(札幌)の勝利で、W杯通算勝利はヘンドリクソンに並ぶ14となり、翌日の優勝であっさり記録を更新。連敗したスロベニアでの2連戦には、ヘンドリクソンに並ぶジャンプ女子シーズン最多の9勝目がかかっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  3. 3

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  4. 4

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  5. 5

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  6. 6

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  7. 7

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  8. 8

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  9. 9

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る