「選手同士が注文を付け合う」 吉井理人が明かすヤ軍の“流儀”

公開日: 更新日:

 ヤンキースがワールドシリーズで3連覇した98~00年、当時の先発陣は自発的に、あることを心掛けていた。当時、ヤンキースでプレーしていた伊良部秀輝から聞いた話だ。

 3連戦の初戦に投げる投手は、速球で打者の内角を徹底的に攻める。打者は内角速球に対応するため、打つポイントを前におく。いきおい、体の開きが早くなり、外角の緩い球への対応に狂いが生じる。そうやって相手チームの打撃を崩していた。

 その伊良部が、こうも話していた。

「選手同士がプレーに対して注文を付けるんですよ。チームが勝てる方向に行くように。例えば初戦の先発投手が内角攻めをしなければ、なぜ、やらないのか? 先発が6~7回投げないと、どうしてもっと長いイニングを投げる工夫をしないんだ、というふうにね。とにかくチームの勝利が最優先なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る