• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「選手同士が注文を付け合う」 吉井理人が明かすヤ軍の“流儀”

 ヤンキースがワールドシリーズで3連覇した98~00年、当時の先発陣は自発的に、あることを心掛けていた。当時、ヤンキースでプレーしていた伊良部秀輝から聞いた話だ。

 3連戦の初戦に投げる投手は、速球で打者の内角を徹底的に攻める。打者は内角速球に対応するため、打つポイントを前におく。いきおい、体の開きが早くなり、外角の緩い球への対応に狂いが生じる。そうやって相手チームの打撃を崩していた。

 その伊良部が、こうも話していた。

「選手同士がプレーに対して注文を付けるんですよ。チームが勝てる方向に行くように。例えば初戦の先発投手が内角攻めをしなければ、なぜ、やらないのか? 先発が6~7回投げないと、どうしてもっと長いイニングを投げる工夫をしないんだ、というふうにね。とにかくチームの勝利が最優先なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る