• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ポスト井端」難航 日増しに冷める中日・落合GMへの視線

「だから、出さなきゃよかったんだよ」
 今さらながら、そんな声が出始めた。

 中日は昨オフ、遊撃レギュラーの井端が落合GMによる大減俸の影響で巨人に移籍。今キャンプでは、熾烈な“跡目争い”が繰り広げられているのだが、冒頭のOBは「みな決め手に欠ける。井端の穴は埋まらないよ」と言うのだ。

 レギュラーの筆頭候補といわれるのが3年目の高橋周(20)。本格的に遊撃に取り組むのは高校以来とあって、早出、居残りで猛特訓を受けている。谷繁監督は、「30失策くらいして、打率2割5分じゃどうにもなんない。3割、30発、100打点なら目をつぶるけどね」と話しており、まずは守備力の向上が最優先課題になっている。

 それが…。12日のバントシフト練習で辻内野守備走塁コーチから「動きが遅い!」と雷を落とされた高橋周は、14日のランダウンプレーでも、送球を捕り損ねるなど、ドタバタしている。他球団のスコアラーが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る