8億3000万円削減 中日厳冬更改は落合GMが“ケチ”だからか

公開日:  更新日:

「落合さん、いつもホテルでメシを食ってないで、たまには若手を連れ出してごちそうしてやってくださいよ」

 落合GMが中日の現役のとき(1987~93年)だ。年齢の近い某選手が落合にこう話した。当時、落合の年俸はチームでただひとりの1億円プレーヤー。断トツの高給取りだった。

 ベテランになれば遠征の際、若手を食事に誘い、相談を受けたり、アドバイスをしたりするのが普通。高給取りならなおさらだ。ところが落合はそんなことを言われたあともまったく変わらなかったそうだ。

 キャンプのときもそうだ。練習休みの前夜や休みの日に後輩を飲みに連れ出して、コミュニケーションを図ったり、チームの一体感を図るのがベテランの役目でもある。ところが落合はホテルの部屋でテレビ局に頼んで編集してもらった、自らの本塁打シーンのビデオを一日中見ていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る