中日・落合GM 小笠原の「再生」に自信満々の根拠は?

公開日:  更新日:

「しっかりと、まだできると思っています」
 マジメな男のまなざしが一層、真剣になった。

 26日、小笠原道大(40)の中日入団が決定し、会見を行った。1年契約で年俸は今季7000万円から約60%減となる3000万円。07年に日本ハムからFA移籍し中軸としてチームをリーグ3連覇に導いた元主砲も最近2年間はわずか1本塁打。FA宣言をしたとはいえ、巨人では事実上の戦力外扱いだった。

 その小笠原を引き取ったのが落合GM。報道陣から来季復活の可能性を問われると、「復活じゃない」と話し、「普通のことをやれば人並み以上の成績を残すと思う。その場所が来年はドラゴンズということ」と言い切った。

「小笠原と落合GMは日ハムで一緒にプレーしていた時からの師弟関係。06年オフに小笠原が日ハムからFA宣言した時は、金銭面の問題さえなければ中日入りが確実だった。その落合GMが小笠原によく言っていたのが<軸足にしっかり体重を乗せて打て>ということ。小笠原は師匠の言葉を忘れず、ここまでやってきたそうです」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る