早くも始まった中日・落合GM“現場介入”の波紋

公開日:  更新日:

 もう「オレ流」が動き出した。5日の練習中、ベテランの荒木(36)がティー打撃をしていると、グラウンドにいた落合GMが近寄り、今キャンプ初となる打撃指導を始めたのだ。

 自らティー打撃を実演し、身ぶり手ぶりでバットの出し方などをアドバイス。隣で練習していた小笠原(40)も途中から参加し、直立不動で聞き入った。

 それだけじゃない。落合GMは、そばでティー打撃をしていた谷繁兼任監督(43)のところにも歩み寄り、身ぶり手ぶりを交えて話し込んだ。落合GMは何も語らなかったものの、谷繁監督は「落合GMから指導? そういうわけじゃない。選手たちを見ながら『もっと簡単に考えりゃいいのにな』というふうに、たわいのない話をしたくらい」と明かした。

 近くでこの様子を見ていた中日OBの杉下茂氏は「じっとしていられないんでしょう」と話していたが、公衆の面前で堂々と指導したのもあるいは「これからはオレも選手に教えるぞ」と、周囲にアピールしたかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る