中日・谷繁新監督 「15分会議」は“地獄のキャンプ”の合図

公開日: 更新日:

 報道陣も拍子抜けしたのが、中日のミーティングだ。

 谷繁兼任監督の初のキャンプということで、選手や首脳陣らを前に目指す野球の話など長々と語るのかと思いきや、開始わずか15分で終了。「私には長話をする器量がない」と語った新監督は、実際「日本一を目指して全員が同じ方向を向いてやってくれ」と話した程度。あとは森ヘッドら新コーチ、移籍組の小笠原が挨拶をしたという。昨年、高木前監督が1時間もかけたことと比べれば雲泥の差だ。

 ここに新監督の方針がハッキリと出ている。谷繁監督はキャンプについて、「厳しい? そりゃそうですよ」と、地獄のキャンプ復活を宣言。「どうやって自分で考えてやるか。やらされる練習より(自分で)やる練習の方が身になる。単純に言えば投げる、打つ、ということしかない」と、選手の自主性を重視している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る