マー君が「英語勉強計画」をいったん白紙に戻した理由

公開日: 更新日:

「英語はまったく分かりません。正直、他の選手に話しかけられても何を言っているか分からない(笑い)」
 渡米当初からこう言っていたヤンキースの田中将大(25)。

 キャンプインから1週間以上が経ち、日に日にメジャーの環境には慣れつつあるものの、英語に関しては別。首脳陣や選手とのコミュニケーションは専属通訳に頼りきりなのが現状だ。
 球場入り後はロッカールーム内を含め、基本的に通訳が傍らにつく。室内練習場やトレーニングルームで汗を流す際にも必ず寄り添うほどだ。

 問題はサインプレーや投内連係などの練習中である。いったん練習がスタートしてしまうと、田中のためにわざわざ通訳が入ることは難しい。そんな時、本人が頼りにしているのが同僚の黒田博樹(39)だ。

 メジャー7年目のシーズンを迎えたベテラン右腕は英語を流暢(りゅうちょう)に話すうえ、練習内容をほぼ把握している。そこで田中のキャッチボール相手を務めるだけでなく、一つ一つの練習が始まる前にその内容や意図を説明。田中はそれを聞いたうえで、黒田の動きを真似するようにして汗を流している。先日の投内連係では、本塁への送球に使われる捕手の「four!(4)」という指示が聞き取れなかったのかどうか、何度も傍らの黒田に確認。黒田にピタリとついて離れないといった感じなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る