ヤ軍ナインはどう見た? マー君の巨額契約とチャーター機

公開日: 更新日:

「タナカの巨額契約に関してどう思うかって? チームに貢献するであろう選手だからこそ、ヤンキースはそういう契約を結んだということ。特別驚くことはないよ」

 米時間16日(日本時間17日)、日刊ゲンダイ本紙にこう語ったのがヤンキースのエース・サバシア(33)。田中将大(25)が7年160億円でヤンキースと契約、ニューヨークへの移動に3000万円でジェット機をチャーターしたことに対する感想だ。

「まだ1球も投げていなくても、それぐらいの価値はあると思ってる。ルーキーだけど、すでに彼には日本での実績があるんだから。たった5人で300人ぐらいが乗れるジェット機を借り切ってアメリカに来たっていいんじゃないか。本人の自由だよ」(サバシア)
 もっともサバシアはこれまでサイ・ヤング賞を1回、最多勝を2回獲得したメジャーを代表する左腕。5年総額122億円の高給取りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る