ヤ軍ナインはどう見た? マー君の巨額契約とチャーター機

公開日:  更新日:

「タナカの巨額契約に関してどう思うかって? チームに貢献するであろう選手だからこそ、ヤンキースはそういう契約を結んだということ。特別驚くことはないよ」

 米時間16日(日本時間17日)、日刊ゲンダイ本紙にこう語ったのがヤンキースのエース・サバシア(33)。田中将大(25)が7年160億円でヤンキースと契約、ニューヨークへの移動に3000万円でジェット機をチャーターしたことに対する感想だ。

「まだ1球も投げていなくても、それぐらいの価値はあると思ってる。ルーキーだけど、すでに彼には日本での実績があるんだから。たった5人で300人ぐらいが乗れるジェット機を借り切ってアメリカに来たっていいんじゃないか。本人の自由だよ」(サバシア)
 もっともサバシアはこれまでサイ・ヤング賞を1回、最多勝を2回獲得したメジャーを代表する左腕。5年総額122億円の高給取りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る