• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤ軍ナインはどう見た? マー君の巨額契約とチャーター機

「タナカの巨額契約に関してどう思うかって? チームに貢献するであろう選手だからこそ、ヤンキースはそういう契約を結んだということ。特別驚くことはないよ」

 米時間16日(日本時間17日)、日刊ゲンダイ本紙にこう語ったのがヤンキースのエース・サバシア(33)。田中将大(25)が7年160億円でヤンキースと契約、ニューヨークへの移動に3000万円でジェット機をチャーターしたことに対する感想だ。

「まだ1球も投げていなくても、それぐらいの価値はあると思ってる。ルーキーだけど、すでに彼には日本での実績があるんだから。たった5人で300人ぐらいが乗れるジェット機を借り切ってアメリカに来たっていいんじゃないか。本人の自由だよ」(サバシア)
 もっともサバシアはこれまでサイ・ヤング賞を1回、最多勝を2回獲得したメジャーを代表する左腕。5年総額122億円の高給取りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る