ヤ軍正捕手マッキャンが明かした マー君の「2つの課題」

公開日: 更新日:

「君の言う通りだよ。打者との対戦は、今日がキャンプイン後初めてだから。先ほどは確かに素晴らしいという話ばかりをしたが、正直に言えば、たった1回の投球で具体的な評価はできない。素晴らしい才能を持った投手であることはわかっているんだけどね」

 現地時間21日(日本時間22日)、こう話したのはヤンキースの正捕手・マッキャン(30)。この日、田中将大(25)が今キャンプ初となる打撃投手を行った際、捕手を務めたチームの正妻だ。

 ジラルディ監督、キャッシュマンGM、日米メディアなど100人以上が見守る中、フリー打撃に登板。メジャー経験のあるロマイン(25)ら4選手相手に計25球を投げ、ヒット性の当たりはゼロ。この投球内容にマッキャンは大勢の報道陣を前に「きょうの彼はまだ80%ぐらい。でも、直球、スプリット、カット、スライダーはみな、いい動きをしていた。特にスプリットはテーブルから落ちるような落差だ。投球モーション、リリースポイントも直球と同じだから、思わずバッターはスイングしてしまう」と、田中の投球を絶賛。「今後も話し合いをしながら、彼の投球をもっと把握していきたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

もっと見る