ジーターがマー君に“助言” NYメディアとの向き合い方

公開日: 更新日:

 今季限りで現役を引退するヤンキースのデレク・ジーター遊撃手(39)。95年のメジャーデビュー以来、ヤンキース一筋、チームを熟知するキャプテンは、ルーキーの田中将大(25)をどう見ているのか。「世界一シビア」といわれるニューヨークメディアとの付き合い方も含め、本人に聞いた。

■「タナカの重圧はボクら以上」

――ヤンキースの選手は独特の雰囲気や重圧とも戦わなければならない?

「多くの人は『ヤンキースは周囲からのプレッシャーが凄い』と言うが、僕自身、正直に言えばそれはどこでも同じだと考えている。確かに、ヤンキースをカバーする報道陣は他のチームに比べて多い。それは事実だし、ボクも試合前、試合後には何度も取材を受ける。でも、結局はその数の違いだけ」

――長年プレーしてきて、田中にアドバイスはありますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る