Rソックス上原がオープン戦初登板 収穫の1回2K発進

公開日:  更新日:

 レッドソックスの上原浩治(38)は昨年、ポストシーズンも含めて86試合に登板。ワールドシリーズを制したチームのストッパーとしてフル回転した。体調さえ万全なら計算が立つだけに、首脳陣が昨年の疲労を心配するのは当然。ファレル監督もオープン戦の登板試合数を去年の10から6~7に減らしたいと話している。

 さて、本人も「どうなることかと思った」と振り返った3日のオープン戦初登板。パイレーツ打線を相手に、1回を投げて、3者凡退の2奪三振。指揮官を安堵させたばかりか、覚えたてのカットボールまで試せたのだから合格点か。「制球はまだまだだけど、課題が見つかったのでいい登板だった」とは試合後の上原だ。

■マー君は投げ込み

 一方、ヤンキースの田中はこの日、午前9時すぎからブルペン入り。捕手のロマインを相手に変化球も含めた全球種を計31球投げ込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る