Rソックス上原がオープン戦初登板 収穫の1回2K発進

公開日: 更新日:

 レッドソックスの上原浩治(38)は昨年、ポストシーズンも含めて86試合に登板。ワールドシリーズを制したチームのストッパーとしてフル回転した。体調さえ万全なら計算が立つだけに、首脳陣が昨年の疲労を心配するのは当然。ファレル監督もオープン戦の登板試合数を去年の10から6~7に減らしたいと話している。

 さて、本人も「どうなることかと思った」と振り返った3日のオープン戦初登板。パイレーツ打線を相手に、1回を投げて、3者凡退の2奪三振。指揮官を安堵させたばかりか、覚えたてのカットボールまで試せたのだから合格点か。「制球はまだまだだけど、課題が見つかったのでいい登板だった」とは試合後の上原だ。

■マー君は投げ込み

 一方、ヤンキースの田中はこの日、午前9時すぎからブルペン入り。捕手のロマインを相手に変化球も含めた全球種を計31球投げ込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る