世界一に王手かけたRソックス上原 ポストシーズンの稼ぎはいくら?

公開日: 更新日:

 歴史に名を残すクローザーであることは間違いない。レッドソックスの日本人守護神である上原浩治(38)のことだ。

 2勝2敗のタイで迎えた28日(日本時間29日)の第5戦は先発のエース左腕レスターの後を受けて八回2死二塁のピンチで登板。一発のある代打M・アダムスを簡単に2ストライクと追い込むと、最後はフォークでバットに空を切らせてピンチをしのいだ。ジョン・ファレル監督から直々に託された九回は3者凡退に仕留め、1回3分の1を無安打無失点。連日のセーブを挙げた。

 レッドソックスは対戦成績を3勝2敗とし、チームは07年以来6年ぶりの世界一に王手をかけた。

 ここまでポストシーズンは12試合(12回3分の2)に登板し、7セーブをマーク。ワールドシリーズであと1つセーブを挙げれば、ポストシーズン8セーブとなり、96年のウェッテランド(ヤンキース)ら4人がマークしているポストシーズンセーブ記録(7)を更新する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る