活躍するほど“反動”が怖い Rソックス上原、田沢にのしかかる重圧

公開日: 更新日:

 レッドソックスの2人の日本人右腕は来季、厳しい視線にさらされるかもしれない。今季、チームを6年ぶりのワールドシリーズ進出に導く活躍を見せただけに、上原浩治(38)、田沢純一(27)に来季、過度の期待が高まっているからだ。

 レッドソックスの本拠地ボストンは、宿敵ヤンキースのニューヨークほどではないにしろ、メディアやファンが球団、選手に手厳しいことで知られる。これまで大型契約で移籍しながら活躍しなかった選手に対しては、容赦ない批判を浴びせてきた。

 今季の上原、田沢と同様、07年には松坂(現メッツ)、岡島(前アスレチックス3A)の日本人投手2人が活躍してワールドシリーズ制覇。特に岡島は田沢のようにセットアッパーとして目覚ましい働きを見せた。地元ファンの中には「マツザカマニア」「オカジママニア」なる熱狂的なシンパまで現れたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  8. 8

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    樹木希林に「会ってみたい」と言わしめた伝説の芸能記者K

もっと見る