活躍するほど“反動”が怖い Rソックス上原、田沢にのしかかる重圧

公開日: 更新日:

 レッドソックスの2人の日本人右腕は来季、厳しい視線にさらされるかもしれない。今季、チームを6年ぶりのワールドシリーズ進出に導く活躍を見せただけに、上原浩治(38)、田沢純一(27)に来季、過度の期待が高まっているからだ。

 レッドソックスの本拠地ボストンは、宿敵ヤンキースのニューヨークほどではないにしろ、メディアやファンが球団、選手に手厳しいことで知られる。これまで大型契約で移籍しながら活躍しなかった選手に対しては、容赦ない批判を浴びせてきた。

 今季の上原、田沢と同様、07年には松坂(現メッツ)、岡島(前アスレチックス3A)の日本人投手2人が活躍してワールドシリーズ制覇。特に岡島は田沢のようにセットアッパーとして目覚ましい働きを見せた。地元ファンの中には「マツザカマニア」「オカジママニア」なる熱狂的なシンパまで現れたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る