「ケガのデパート」が86試合フル回転 上原に「世界一の反動」は?

公開日:  更新日:

「今年は出来過ぎだった。自分でも怖いくらい」

 レッドソックスの6年ぶり8回目の世界一達成に貢献した守護神・上原浩治(38)が、今季を振り返ってこう言った。

 シーズン序盤、クローザーを務めていたハンラハンが右ひじ、ベイリーが右肩を手術して相次いで離脱。6月下旬からクローザーに昇格した上原は、レギュラーシーズンでチームナンバーワンの73試合(74回3分の1)を投げ、4勝1敗21セーブ、防御率1.09。ポストシーズンも安定した投球を続け、タイガースとのリーグ優勝決定戦では5試合で3セーブを挙げて日本人初のMVPを受賞した。ワールドシリーズでも2セーブをマークするなど、最後まで完璧な火消し役を演じた。今季はポストシーズンも合わせて、なんと86試合に登板。巨人時代を含めても自己最多の登板試合数だった。

 シーズン終盤から疲労はピークに達し、世界一達成直後の会見で「いまは『とにかく休め』と自分に言いたいです」と漏らしたのは本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る