• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ケガのデパート」が86試合フル回転 上原に「世界一の反動」は?

「今年は出来過ぎだった。自分でも怖いくらい」

 レッドソックスの6年ぶり8回目の世界一達成に貢献した守護神・上原浩治(38)が、今季を振り返ってこう言った。

 シーズン序盤、クローザーを務めていたハンラハンが右ひじ、ベイリーが右肩を手術して相次いで離脱。6月下旬からクローザーに昇格した上原は、レギュラーシーズンでチームナンバーワンの73試合(74回3分の1)を投げ、4勝1敗21セーブ、防御率1.09。ポストシーズンも安定した投球を続け、タイガースとのリーグ優勝決定戦では5試合で3セーブを挙げて日本人初のMVPを受賞した。ワールドシリーズでも2セーブをマークするなど、最後まで完璧な火消し役を演じた。今季はポストシーズンも合わせて、なんと86試合に登板。巨人時代を含めても自己最多の登板試合数だった。

 シーズン終盤から疲労はピークに達し、世界一達成直後の会見で「いまは『とにかく休め』と自分に言いたいです」と漏らしたのは本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る