「ケガのデパート」が86試合フル回転 上原に「世界一の反動」は?

公開日: 更新日:

「今年は出来過ぎだった。自分でも怖いくらい」

 レッドソックスの6年ぶり8回目の世界一達成に貢献した守護神・上原浩治(38)が、今季を振り返ってこう言った。

 シーズン序盤、クローザーを務めていたハンラハンが右ひじ、ベイリーが右肩を手術して相次いで離脱。6月下旬からクローザーに昇格した上原は、レギュラーシーズンでチームナンバーワンの73試合(74回3分の1)を投げ、4勝1敗21セーブ、防御率1.09。ポストシーズンも安定した投球を続け、タイガースとのリーグ優勝決定戦では5試合で3セーブを挙げて日本人初のMVPを受賞した。ワールドシリーズでも2セーブをマークするなど、最後まで完璧な火消し役を演じた。今季はポストシーズンも合わせて、なんと86試合に登板。巨人時代を含めても自己最多の登板試合数だった。

 シーズン終盤から疲労はピークに達し、世界一達成直後の会見で「いまは『とにかく休め』と自分に言いたいです」と漏らしたのは本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る