レッドソックス上原 MVP呼び込んだ「英語力」と「自己流調整」

公開日:  更新日:

「あんなに英語がしゃべれるようになっているとは思いませんでした。コーチと話したり、ミーティングのときはさすがに通訳が付きますけど、それ以外、例えばロッカーではナインと2人だけで話したり、ふざけたりしている。すっかりナインに溶け込んでいる印象でしたね」

 レッドソックスの上原浩治(38)に関してこう言ったのは、さるマスコミ関係者。今回、プレーオフを観戦するために渡米、久々に上原の姿を見て、英語力が上達していることに驚いたというのだ。

 本拠地を米国に移して、今年が5年目。そろそろ英語に慣れるのは当然といえば当然だが、一匹狼でやっていけるだけの飛び抜けた実績がある選手ならともかく、フツーの日本人選手が現地で味わう疎外感はハンパじゃないという。

 それが言葉が理解できて、ナインとコミュニケーションが取れるようになって、ようやくチームと一体感を持てる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る