レッドソックス上原 MVP呼び込んだ「英語力」と「自己流調整」

公開日: 更新日:

「あんなに英語がしゃべれるようになっているとは思いませんでした。コーチと話したり、ミーティングのときはさすがに通訳が付きますけど、それ以外、例えばロッカーではナインと2人だけで話したり、ふざけたりしている。すっかりナインに溶け込んでいる印象でしたね」

 レッドソックスの上原浩治(38)に関してこう言ったのは、さるマスコミ関係者。今回、プレーオフを観戦するために渡米、久々に上原の姿を見て、英語力が上達していることに驚いたというのだ。

 本拠地を米国に移して、今年が5年目。そろそろ英語に慣れるのは当然といえば当然だが、一匹狼でやっていけるだけの飛び抜けた実績がある選手ならともかく、フツーの日本人選手が現地で味わう疎外感はハンパじゃないという。

 それが言葉が理解できて、ナインとコミュニケーションが取れるようになって、ようやくチームと一体感を持てる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  7. 7

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る