上原、田沢に立ちはだかるカージナルスのえげつない“スパイ野球”

公開日: 更新日:

「大事な試合があのプレーによって終わるのはつらい。すぐに飲み込んでしまうには苦過ぎるクスリみたいだ」

 レッドソックスのファレル監督が、こうボヤいた。「あのプレー」とは、26日(日本時間27日)のワールドシリーズ第3戦の勝敗を分けた「走塁妨害」、三塁手が走者と交錯したプレーが走塁妨害と判定され、レッドソックスはサヨナラ負けを喫した。

 レ軍はこれで対カージナルス戦を1勝2敗。27日(日本時間28日)に迎えた第4戦は田沢と上原の好投もありレ軍が勝利し2勝2敗のタイに戻したが、カ軍のキメ細かな野球に苦戦を強いられている印象は拭えない。

 実はレッドソックスの年俸総額は、約150億円で30球団中4位。投打に高給取りをそろえたスター軍団だ。一方のカージナルスは約115億円で同10位、レ軍の3分の2程度に過ぎない。派手さはなくても、緻密な守備や走塁でここまで勝ち進んできた大きな要因は「ラルーサ遺産」らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る