上原、田沢に立ちはだかるカージナルスのえげつない“スパイ野球”

公開日:  更新日:

「大事な試合があのプレーによって終わるのはつらい。すぐに飲み込んでしまうには苦過ぎるクスリみたいだ」

 レッドソックスのファレル監督が、こうボヤいた。「あのプレー」とは、26日(日本時間27日)のワールドシリーズ第3戦の勝敗を分けた「走塁妨害」、三塁手が走者と交錯したプレーが走塁妨害と判定され、レッドソックスはサヨナラ負けを喫した。

 レ軍はこれで対カージナルス戦を1勝2敗。27日(日本時間28日)に迎えた第4戦は田沢と上原の好投もありレ軍が勝利し2勝2敗のタイに戻したが、カ軍のキメ細かな野球に苦戦を強いられている印象は拭えない。

 実はレッドソックスの年俸総額は、約150億円で30球団中4位。投打に高給取りをそろえたスター軍団だ。一方のカージナルスは約115億円で同10位、レ軍の3分の2程度に過ぎない。派手さはなくても、緻密な守備や走塁でここまで勝ち進んできた大きな要因は「ラルーサ遺産」らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る