虎ようやく初勝利も…このままじゃ抑えの呉は「宝の持ち腐れ」

公開日: 更新日:

 阪神弱し――。巨人原辰徳監督(55)は、この2日でこう感じただろう。

 3―2で勝った9日に続き、開幕カードで対戦する阪神に伊勢で行われた10日の試合も7―6で勝利。新人の小林誠司(24=日本生命)に初本塁打となる満塁弾が飛び出しての逆転劇に、原監督は「ああいった場面でああいった打撃ができる。大きな可能性を感じる」とニコニコだった。

 対照的に阪神はドロ沼だ。オープン戦7連敗後の11日、12球団のしんがりでようやく初勝利をあげた。

 10日の試合こそ6得点したものの、試合前までのチーム打率は.190。こちらも12球団唯一の1割台と極貧打線を露呈している。温厚な和田豊監督(51)をして「負けていい試合なんてない。我々も選手も悔しさを出さないとファンに失礼」と苛立ちを隠せないほどの体たらくぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

もっと見る