• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベテラン絶好調が足かせ 阪神は今年も「Aクラス」が限界

 26日、阪神はキャンプを打ち上げた。会見に臨んだ和田監督は、「点数は80点」と総括。成長の兆しを見せている今成ら若手、中堅について「Wリョウタ(今成、新井良)が初日からみんなを引っ張ってくれた。若手では梅野、西田あたりが光っていた」としつつも、「MVPは新井の兄ちゃん(貴浩)かな。打撃コーチ時代から見てきているけど、今年が一番いい感じ」と、37歳の大ベテランを褒めちぎった。

 だが、他球団のスコアラーはこう分析している。

「新井は紅白戦を含む実戦4試合で11打数9安打と絶好調だった。新助っ人のゴメスは実戦出場がゼロとはいえ、普通にいけば開幕から『4番・一塁』で使うはず。このままいけば新井は一塁で起用できなくても、三塁で使うつもりなのだろう」

 ただ、今キャンプは主将の鳥谷も「若い選手が力をつけている」と話していたように、「小掛布」と呼ばれる今成(26)を筆頭に、選手会長の上本(27)もそれなりに存在感をアピール。ベテラン偏重のチーム状況で「世代交代」の象徴となり得るだけに、我慢してでも使いたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る