ベテラン絶好調が足かせ 阪神は今年も「Aクラス」が限界

公開日: 更新日:

 26日、阪神はキャンプを打ち上げた。会見に臨んだ和田監督は、「点数は80点」と総括。成長の兆しを見せている今成ら若手、中堅について「Wリョウタ(今成、新井良)が初日からみんなを引っ張ってくれた。若手では梅野、西田あたりが光っていた」としつつも、「MVPは新井の兄ちゃん(貴浩)かな。打撃コーチ時代から見てきているけど、今年が一番いい感じ」と、37歳の大ベテランを褒めちぎった。

 だが、他球団のスコアラーはこう分析している。

「新井は紅白戦を含む実戦4試合で11打数9安打と絶好調だった。新助っ人のゴメスは実戦出場がゼロとはいえ、普通にいけば開幕から『4番・一塁』で使うはず。このままいけば新井は一塁で起用できなくても、三塁で使うつもりなのだろう」

 ただ、今キャンプは主将の鳥谷も「若い選手が力をつけている」と話していたように、「小掛布」と呼ばれる今成(26)を筆頭に、選手会長の上本(27)もそれなりに存在感をアピール。ベテラン偏重のチーム状況で「世代交代」の象徴となり得るだけに、我慢してでも使いたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る