口アングリ…阪神の“戦犯”新井貴が「優勝争いは飽きた」

公開日: 更新日:

 一体、どの口が言うのか。

 13日に契約更改を行った、来季3年契約の最終年となる阪神新井貴浩(36)。5000万円ダウンの年俸2億円でサインした。

 今季は140試合で打率.267、15本塁打、70打点と4番としては物足りない数字。そんな新井が、「優勝争いは飽きたので、来季は優勝したい」と言ったものだから、居合わせた報道陣は口をあんぐり、だ。

 新井が07年に広島からFA移籍して以降、2位になるのは3度目になる。とはいえ、今季は2位といっても優勝した巨人には12.5ゲームもの大差をつけられた。CSではシーズン終盤まで3位争いを繰り広げた広島に惨敗している。優勝争いどころか、巨人の独走を許した“戦犯”だ。

 そもそも、新井が虎の4番としてマトモに活躍したのは打率.311、19本塁打、112打点の10年くらいのものだ。

「優勝争いは飽きた」など世まい言を言う暇があったら、自分の活躍で阪神を勝たせてみろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る