日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

口アングリ…阪神の“戦犯”新井貴が「優勝争いは飽きた」

 一体、どの口が言うのか。

 13日に契約更改を行った、来季3年契約の最終年となる阪神の新井貴浩(36)。5000万円ダウンの年俸2億円でサインした。

 今季は140試合で打率.267、15本塁打、70打点と4番としては物足りない数字。そんな新井が、「優勝争いは飽きたので、来季は優勝したい」と言ったものだから、居合わせた報道陣は口をあんぐり、だ。

 新井が07年に広島からFA移籍して以降、2位になるのは3度目になる。とはいえ、今季は2位といっても優勝した巨人には12.5ゲームもの大差をつけられた。CSではシーズン終盤まで3位争いを繰り広げた広島に惨敗している。優勝争いどころか、巨人の独走を許した“戦犯”だ。

 そもそも、新井が虎の4番としてマトモに活躍したのは打率.311、19本塁打、112打点の10年くらいのものだ。

「優勝争いは飽きた」など世まい言を言う暇があったら、自分の活躍で阪神を勝たせてみろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事