都立で初出場小山台の福嶋監督「練習量は日本一少ない」

公開日:  更新日:

 センバツ初日となる21日の第3試合で履正社(大阪)と対戦する小山台高校(東京)は、都立高校として初のセンバツ出場となる。

 昨秋の都大会は早実、堀越など私学の強豪校を破ってベスト8入り。「平日の練習時間は90分」「学校のグラウンド使用は週3」など極端に制約の多い練習環境下で力をつけ、「21世紀枠」で選出された。都内屈指の進学校でもある「都立の星」を率いる福嶋正信監督(58)に話を聞いた。

――グラウンドは「60メートル×90メートル」と狭く、練習時間も限られています。制約が多いですね。

「ウチは、甲子園を狙う高校で『日本一、練習量が少ない』と自負してます。夕方の5時が下校時間だから、アップもクールダウンもありません。授業が終わったら、教室から校庭までダッシュです。それでケガをしても仕方ないと割り切ってます。グラウンドが使えない時は学校の駐車場などでバドミントンのシャトルを打ったり、玄関前のガラス戸を使ってフォームチェックや守備練習もやる。招待試合で他校に行く時は、アップ代わりに最寄り駅から学校までダッシュです。1日4試合やれるように、試合前のボール回しやシートノックを省くこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る