ロッテ“アジャ”井上が本音を激白 「開幕後はガチガチで…」

公開日:  更新日:

 オープン戦はすごかった。打率.435、2本塁打で首位打者。ドラフト制導入後、ルーキーの打率1位は史上初のことだった。伊東監督は迷わず、開幕4番に抜擢。だが、いざ本番が始まったら、ここまで6試合で3安打の打率.167である。6日の日本ハム戦も2打数無安打に終わった「アジャ」こと井上晴哉(24)を直撃した。

――オープン戦で絶好調だったのに急に打てなくなった原因は?

「一番は自分の気持ちの問題だと思います。一言で言えば、緊張、プレッシャーですね。(2試合で4番に座った)開幕3連戦は緊張しっぱなし。自分が何をやっているのかわからないくらいでした」

――失礼ながら、重圧を感じるような風貌、性格には……。

「ボクもそうだと思っていましたよ(笑い)。実際、開幕前日まで全く緊張感がなくて、自分でも不思議なくらいリラックスしてました。でも、開幕戦当日になって急に緊張感がわいてきまして。朝起きて、新聞に『アジャ、開幕4番!』って自分のことが書いてあるのを見て、よしやるぞ、と思ったのはいいんですけど、『オレが4番か。4番が打たないと』と自分自身でプレッシャーもかけてしまった。徐々に体が硬くなってきて、昼すぎに宿舎でユニホームに着替える頃にはもうガチガチ。今だから言いますけど、球場に向かうバスの中ではもうアタマの中が真っ白でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る