日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新人開幕4番王手 ロッテ「アジャ」井上の意外な“理論派”ぶり

 どうやら開幕4番は決まった。

 ロッテのドラフト5位ルーキー、井上晴哉(24=日本生命)が23日のヤクルト戦でもスタンドを沸かせた。二回先頭、相手先発ナーブソンの内角直球を左翼ポール際に運び、22日のオープン戦1号に続く、2打席連続弾。4打数3安打で打率を.435まで上げてオープン戦を首位打者で終えた。ちなみに新人のオープン戦首位打者はドラフト制度施行以降、初の快挙だ。

 ロッテは4番に座るはずの今江が「左ふくらはぎ筋膜炎」で開幕は絶望。井上はチームとしては64年ぶりとなる「新人開幕4番」が決定的だ。

 180センチ・114キロの体格に、女子プロレスラーのアジャ・コング似の風貌から「幕張のアジャ」と呼ばれ、すでに多くのファンを獲得している。

■和製大砲への期待

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事