日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテ涌井 巨人戦で“火だるま”に首脳陣ニヤリの理由

「もう少し(状態が)上がってきてくれると思ったが、結局いいボールが1球もなかった。今日の状態じゃ厳しいよね」

 12日の試合後、ロッテの伊東監督が呆れるようにこう話したのが、この日の巨人戦で先発した涌井秀章(27)のことだった。

 オープン戦2度目の先発ながら、5回を投げて2本塁打を含む9安打8失点。火だるまになったFA右腕に、指揮官が「この回を絶対に抑えようという気持ちがない」とおかんむりなら、川崎投手コーチは「最初は力を(わざと)抑えているのかと思った。もうちょっと持っているものを出してもらわないと」と強い口調で苦言を呈した。

 涌井本人は「(フォームの)バランス自体は前回(登板)より良かったんですけど…」と話したが、3月末のシーズン開幕まで残り半月あまり。不安はぬぐえないと見るのが普通だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事