古巣・西武に“丸裸”にされていたロッテ涌井の今後

公開日:  更新日:

 涌井の今季初登板は古巣の西武が相手。六回途中まで118球を投げ、5安打3失点で黒星を喫した。

 開幕前は2試合連続7失点以上。絶不調で臨んだ公式戦初戦は、結果が伴わないことはある程度予想できたが、それにしてもこの日は相手も悪かった。プロ入りから丸9年も在籍した西武は、涌井の「波」を熟知している。

 西武のスタメンマスクをかぶった上本は試合前、「(涌井については)ある程度(投球は)わかっています。球筋や球種、何が軸(のボール)で、これがダメな時にはこうするとか」と話していた。

 昨年まで「正妻」だった炭谷も、「オープン戦の登板をDVDで見た上での話ですが」と前置きしてこう語っていた。

「(涌井さんは)直球がシュート回転していると調子が悪いのですが、今がそう。直球の球威も昨年後半は150キロ近く出てましたが、今は140キロ台前半。それ以外にもいろいろとあるので。そういう情報を(ナインで)共有していますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る