• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原監督も“想定外”だった巨人助っ人セドンの快投15奪三振

 誰もがダメだと思っていた助っ人の予期せぬ快投で、巨人が1日で首位広島と並んだ。来日初登板のクリス・セドンが9日の広島戦で、5者連続を含む毎回の15奪三振。完封勝利まであと1人の好投で初勝利を挙げた。

「15個も三振すれば点も入らない。塁に出たら揺さぶっていこうと思っていたけど、塁に出ないんだから。15個も三振して勝つのは難しい。キク(3安打の菊池)だけじゃねえ」

 とは、試合後の広島野村監督。ため息をつきながら、何度も「15三振」と繰り返したところに、見立ての甘さが表れていた。試合前、広島の某選手はこう言っていた。

「直球は遅い。変化球をマークしながら、直球に対応できる投手。怖さはありませんね」

 はっきり言ってナメていたのだ。

 確かに直球のほとんどが130キロ台。それなのに、広島打線のバットは空を切り続けた。2三振の1番・丸は、「130キロそこそこでも(スピード)ガン以上に球がきていてタイミングが計りづらかった。どの球種も腕を振っていた」と言い、3三振の3番・キラは、「どんどんストライクを投げてきた。スピードはないけど、スライダーやチェンジアップとの球速の差を感じた」とガックリ。1三振の6番・広瀬は、「背が高く、球持ちも良くて球速以上に感じた」と揃って白旗だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る