原監督も“想定外”だった巨人助っ人セドンの快投15奪三振

公開日: 更新日:

 誰もがダメだと思っていた助っ人の予期せぬ快投で、巨人が1日で首位広島と並んだ。来日初登板のクリス・セドンが9日の広島戦で、5者連続を含む毎回の15奪三振。完封勝利まであと1人の好投で初勝利を挙げた。

「15個も三振すれば点も入らない。塁に出たら揺さぶっていこうと思っていたけど、塁に出ないんだから。15個も三振して勝つのは難しい。キク(3安打の菊池)だけじゃねえ」

 とは、試合後の広島野村監督。ため息をつきながら、何度も「15三振」と繰り返したところに、見立ての甘さが表れていた。試合前、広島の某選手はこう言っていた。

「直球は遅い。変化球をマークしながら、直球に対応できる投手。怖さはありませんね」

 はっきり言ってナメていたのだ。

 確かに直球のほとんどが130キロ台。それなのに、広島打線のバットは空を切り続けた。2三振の1番・丸は、「130キロそこそこでも(スピード)ガン以上に球がきていてタイミングが計りづらかった。どの球種も腕を振っていた」と言い、3三振の3番・キラは、「どんどんストライクを投げてきた。スピードはないけど、スライダーやチェンジアップとの球速の差を感じた」とガックリ。1三振の6番・広瀬は、「背が高く、球持ちも良くて球速以上に感じた」と揃って白旗だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号