• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原監督も“想定外”だった巨人助っ人セドンの快投15奪三振

 誰もがダメだと思っていた助っ人の予期せぬ快投で、巨人が1日で首位広島と並んだ。来日初登板のクリス・セドンが9日の広島戦で、5者連続を含む毎回の15奪三振。完封勝利まであと1人の好投で初勝利を挙げた。

「15個も三振すれば点も入らない。塁に出たら揺さぶっていこうと思っていたけど、塁に出ないんだから。15個も三振して勝つのは難しい。キク(3安打の菊池)だけじゃねえ」

 とは、試合後の広島野村監督。ため息をつきながら、何度も「15三振」と繰り返したところに、見立ての甘さが表れていた。試合前、広島の某選手はこう言っていた。

「直球は遅い。変化球をマークしながら、直球に対応できる投手。怖さはありませんね」

 はっきり言ってナメていたのだ。

 確かに直球のほとんどが130キロ台。それなのに、広島打線のバットは空を切り続けた。2三振の1番・丸は、「130キロそこそこでも(スピード)ガン以上に球がきていてタイミングが計りづらかった。どの球種も腕を振っていた」と言い、3三振の3番・キラは、「どんどんストライクを投げてきた。スピードはないけど、スライダーやチェンジアップとの球速の差を感じた」とガックリ。1三振の6番・広瀬は、「背が高く、球持ちも良くて球速以上に感じた」と揃って白旗だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る