原監督も“想定外”だった巨人助っ人セドンの快投15奪三振

公開日: 更新日:

 誰もがダメだと思っていた助っ人の予期せぬ快投で、巨人が1日で首位広島と並んだ。来日初登板のクリス・セドンが9日の広島戦で、5者連続を含む毎回の15奪三振。完封勝利まであと1人の好投で初勝利を挙げた。

「15個も三振すれば点も入らない。塁に出たら揺さぶっていこうと思っていたけど、塁に出ないんだから。15個も三振して勝つのは難しい。キク(3安打の菊池)だけじゃねえ」

 とは、試合後の広島野村監督。ため息をつきながら、何度も「15三振」と繰り返したところに、見立ての甘さが表れていた。試合前、広島の某選手はこう言っていた。

「直球は遅い。変化球をマークしながら、直球に対応できる投手。怖さはありませんね」

 はっきり言ってナメていたのだ。

 確かに直球のほとんどが130キロ台。それなのに、広島打線のバットは空を切り続けた。2三振の1番・丸は、「130キロそこそこでも(スピード)ガン以上に球がきていてタイミングが計りづらかった。どの球種も腕を振っていた」と言い、3三振の3番・キラは、「どんどんストライクを投げてきた。スピードはないけど、スライダーやチェンジアップとの球速の差を感じた」とガックリ。1三振の6番・広瀬は、「背が高く、球持ちも良くて球速以上に感じた」と揃って白旗だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る