• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評判上々も…巨人の新助っ人アンダーソンの本塁打は本物?

 ハングリーな男が調子を上げてきた。
 2日、巨人の新外国人レスリー・アンダーソン(31)がオープン戦チーム第1号となる本塁打を含む3安打。1日の試合でも2本のヒットを放ったアンダーソンは、キャンプ中の実戦では結果が出ず、「打てない、守れない、走れない逆三拍子」と周囲にダメ助っ人のレッテルを貼られた。

 同じ外野手の長野は「(アンダーソンは)スペイン語しか話せないから困っています」と言う。逆にアンダーソンの立場からすれば、通訳以外で会話ができるのはベネズエラ人のロペスひとりだけ。ストレスはたまる一方だった。アンダーソンはキャンプ中、こう漏らしていた。

「日本のキャンプは時間も期間も長い。今は全身張っているけど、チームにマッサージのうまい先生がいるから助かっている。宿舎の温泉が気持ち良くて、海が見えるから故郷を思い出すね。ストレス解消になるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る