評判上々も…巨人の新助っ人アンダーソンの本塁打は本物?

公開日: 更新日:

 ハングリーな男が調子を上げてきた。
 2日、巨人の新外国人レスリー・アンダーソン(31)がオープン戦チーム第1号となる本塁打を含む3安打。1日の試合でも2本のヒットを放ったアンダーソンは、キャンプ中の実戦では結果が出ず、「打てない、守れない、走れない逆三拍子」と周囲にダメ助っ人のレッテルを貼られた。

 同じ外野手の長野は「(アンダーソンは)スペイン語しか話せないから困っています」と言う。逆にアンダーソンの立場からすれば、通訳以外で会話ができるのはベネズエラ人のロペスひとりだけ。ストレスはたまる一方だった。アンダーソンはキャンプ中、こう漏らしていた。

「日本のキャンプは時間も期間も長い。今は全身張っているけど、チームにマッサージのうまい先生がいるから助かっている。宿舎の温泉が気持ち良くて、海が見えるから故郷を思い出すね。ストレス解消になるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る