評判上々も…巨人の新助っ人アンダーソンの本塁打は本物?

公開日: 更新日:

 ハングリーな男が調子を上げてきた。
 2日、巨人の新外国人レスリー・アンダーソン(31)がオープン戦チーム第1号となる本塁打を含む3安打。1日の試合でも2本のヒットを放ったアンダーソンは、キャンプ中の実戦では結果が出ず、「打てない、守れない、走れない逆三拍子」と周囲にダメ助っ人のレッテルを貼られた。

 同じ外野手の長野は「(アンダーソンは)スペイン語しか話せないから困っています」と言う。逆にアンダーソンの立場からすれば、通訳以外で会話ができるのはベネズエラ人のロペスひとりだけ。ストレスはたまる一方だった。アンダーソンはキャンプ中、こう漏らしていた。

「日本のキャンプは時間も期間も長い。今は全身張っているけど、チームにマッサージのうまい先生がいるから助かっている。宿舎の温泉が気持ち良くて、海が見えるから故郷を思い出すね。ストレス解消になるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

もっと見る