日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野村監督も腹決めた 広島が描く「打倒巨人」の秘策とキーマン

 広島が27年ぶりの開幕3カード連続勝ち越しを決めた。
 6日のDeNA戦で先発の前田健太(25)が8回無失点の今季初勝利。三回の菊池の適時打による1点をエースが守り切った。

 昨季はリーグ3位で初のクライマックスシリーズ(CS)出場。ファイナルステージまで進んだが、巨人の分厚い壁にはね返された。昨季の巨人戦は8勝14敗2分けと負け越したものの、球宴以降は6勝5敗1分け、9月以降に限ると5勝2敗と盛り返した。打倒巨人へ、キーマンは2人いる。

 まずは野村謙二郎監督(47)だ。昨季終了後、一度は辞意を伝え、松田オーナーに突っ返された。「4年やって区切りをつけようとしたけど、頭が固いと怒られた」と1年契約を延長。次期監督候補には緒方野手総合コーチが控えており、さらなる更新の条件は「リーグ優勝」しかない。広島の球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事