野村監督も腹決めた 広島が描く「打倒巨人」の秘策とキーマン

公開日: 更新日:

 広島が27年ぶりの開幕3カード連続勝ち越しを決めた。
 6日のDeNA戦で先発の前田健太(25)が8回無失点の今季初勝利。三回の菊池の適時打による1点をエースが守り切った。

 昨季はリーグ3位で初のクライマックスシリーズ(CS)出場。ファイナルステージまで進んだが、巨人の分厚い壁にはね返された。昨季の巨人戦は8勝14敗2分けと負け越したものの、球宴以降は6勝5敗1分け、9月以降に限ると5勝2敗と盛り返した。打倒巨人へ、キーマンは2人いる。

 まずは野村謙二郎監督(47)だ。昨季終了後、一度は辞意を伝え、松田オーナーに突っ返された。「4年やって区切りをつけようとしたけど、頭が固いと怒られた」と1年契約を延長。次期監督候補には緒方野手総合コーチが控えており、さらなる更新の条件は「リーグ優勝」しかない。広島の球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る