日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阿部欠場もスタメンならず 巨人新人捕手小林に“エースの壁”

「何で実松? 阿部が出ないなら小林だろ!」

 昨8日の広島戦。巨人の先発メンバーが発表されると、報道陣からこんな疑問の声が上がった。

 広島の先発・野村は、巨人の新人捕手・小林誠司(24)と広陵高時代にバッテリーを組み、夏の甲子園で準優勝。正捕手の阿部は左ふくらはぎを打撲してこの日も欠場したから、小林が出れば「同級生対決」になっていたところ。それが、スタメンマスクは実松というから、「空気読んでよ~」という声が出るのもムリはなかった。

■小林を育てる絶好のチャンスなのに

 小林は6日の中日戦でプロ初先発。初安打を放つなど、上々の滑り出しを見せ、原監督に「(阿部)慎之助がデビューした時より、はるかに堂々としたキャッチャーぶりだった」と言わしめた。「小林の育成」は巨人の重要課題。阿部がいない今が絶好のチャンスなのに、なぜ外したのか。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事