巨人新助っ人左腕セドン ベール脱ぐ前にもう“丸裸”

公開日: 更新日:

 巨人の新外国人左腕クリス・セドン(30)がキャンプ打ち上げ翌日の2月28日、川崎市のジャイアンツ球場で練習を行った。

 1日のヤクルトとのオープン戦で登板するためで、本拠地・東京ドームは初となる。

 この日はブルペンで15球と肩を慣らし、昨季本塁打記録を更新したヤクルトのバレンティンについて「対戦が楽しみ」と話した。バレンティン封じはもちろん大事だが、その前にやるべきことがある。キャンプでの実戦登板は1試合2イニング。それだけでもう他球団に弱点が漏洩(ろうえい)しているのだ。セ・リーグ某球団の首脳陣の一人はこう言っている。
「巨人に入ったセドンって投手はモーションが大きいから走り放題らしいな」

 球団も本人もそのことは気にしていた。キャンプ序盤、原監督は「日本は細かい走塁などがあるから、いろいろと話した」と新助っ人に日本野球の特徴を説明し、走者が出た際のセドンの課題を明かしていた。とはいえ、今までやってこなかったことが急にできるようになるほど簡単ではない。修正に時間がかかるのは、昨年まで似たようなことで苦しんだ外国人投手を見ても分かる。2年間在籍した巨人を昨年限りでクビになったホールトンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る