巨人新助っ人左腕セドン ベール脱ぐ前にもう“丸裸”

公開日:  更新日:

 巨人の新外国人左腕クリス・セドン(30)がキャンプ打ち上げ翌日の2月28日、川崎市のジャイアンツ球場で練習を行った。

 1日のヤクルトとのオープン戦で登板するためで、本拠地・東京ドームは初となる。

 この日はブルペンで15球と肩を慣らし、昨季本塁打記録を更新したヤクルトのバレンティンについて「対戦が楽しみ」と話した。バレンティン封じはもちろん大事だが、その前にやるべきことがある。キャンプでの実戦登板は1試合2イニング。それだけでもう他球団に弱点が漏洩(ろうえい)しているのだ。セ・リーグ某球団の首脳陣の一人はこう言っている。
「巨人に入ったセドンって投手はモーションが大きいから走り放題らしいな」

 球団も本人もそのことは気にしていた。キャンプ序盤、原監督は「日本は細かい走塁などがあるから、いろいろと話した」と新助っ人に日本野球の特徴を説明し、走者が出た際のセドンの課題を明かしていた。とはいえ、今までやってこなかったことが急にできるようになるほど簡単ではない。修正に時間がかかるのは、昨年まで似たようなことで苦しんだ外国人投手を見ても分かる。2年間在籍した巨人を昨年限りでクビになったホールトンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る