• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国最多勝の巨人・新助っ人セドン 米球界での「評判」は?

「韓国で実績があるとはいえ、日本ではやはり……」
 米メジャースカウトからこんな声が漏れているのが、20日に巨人と年俸8000万円で契約したクリス・セドン(30)のことだ。

 今季、韓国のSKで先発として30試合に登板し14勝6敗、防御率2.98で最多勝を獲得。193センチの長身から投げ下ろす140キロ台後半の直球とスライダー、チェンジアップ、シンカーはキレがあるといわれ、早くも巨人はローテーションの一角を担う左腕投手として期待しているという。

 しかし、メジャー関係者の評価は厳しい。あるスカウトは「韓国は直球狙いの打者が多く、どちらかといえば変化球が苦手。今季のセドンは多彩な変化球を駆使したので好成績を残せた。でも、選球眼がよく打席で粘り強い選手が多い日本ではそうはいかない。制球が甘いんですよ。韓国の実績だけで過大な期待をするのは危険です」と話す。

 セドンは計38試合(2勝3敗、防御率5.47)のメジャー経験があるが、ESPN(米スポーツ専門チャンネル)は「メジャーレベルでは三振が取れない。制球、パワーを含めどのレベルでも突出する力がない」と酷評している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る