韓国最多勝の巨人・新助っ人セドン 米球界での「評判」は?

公開日: 更新日:

「韓国で実績があるとはいえ、日本ではやはり……」
 米メジャースカウトからこんな声が漏れているのが、20日に巨人と年俸8000万円で契約したクリス・セドン(30)のことだ。

 今季、韓国のSKで先発として30試合に登板し14勝6敗、防御率2.98で最多勝を獲得。193センチの長身から投げ下ろす140キロ台後半の直球とスライダー、チェンジアップ、シンカーはキレがあるといわれ、早くも巨人はローテーションの一角を担う左腕投手として期待しているという。

 しかし、メジャー関係者の評価は厳しい。あるスカウトは「韓国は直球狙いの打者が多く、どちらかといえば変化球が苦手。今季のセドンは多彩な変化球を駆使したので好成績を残せた。でも、選球眼がよく打席で粘り強い選手が多い日本ではそうはいかない。制球が甘いんですよ。韓国の実績だけで過大な期待をするのは危険です」と話す。

 セドンは計38試合(2勝3敗、防御率5.47)のメジャー経験があるが、ESPN(米スポーツ専門チャンネル)は「メジャーレベルでは三振が取れない。制球、パワーを含めどのレベルでも突出する力がない」と酷評している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る