韓国最多勝の巨人・新助っ人セドン 米球界での「評判」は?

公開日:  更新日:

「韓国で実績があるとはいえ、日本ではやはり……」
 米メジャースカウトからこんな声が漏れているのが、20日に巨人と年俸8000万円で契約したクリス・セドン(30)のことだ。

 今季、韓国のSKで先発として30試合に登板し14勝6敗、防御率2.98で最多勝を獲得。193センチの長身から投げ下ろす140キロ台後半の直球とスライダー、チェンジアップ、シンカーはキレがあるといわれ、早くも巨人はローテーションの一角を担う左腕投手として期待しているという。

 しかし、メジャー関係者の評価は厳しい。あるスカウトは「韓国は直球狙いの打者が多く、どちらかといえば変化球が苦手。今季のセドンは多彩な変化球を駆使したので好成績を残せた。でも、選球眼がよく打席で粘り強い選手が多い日本ではそうはいかない。制球が甘いんですよ。韓国の実績だけで過大な期待をするのは危険です」と話す。

 セドンは計38試合(2勝3敗、防御率5.47)のメジャー経験があるが、ESPN(米スポーツ専門チャンネル)は「メジャーレベルでは三振が取れない。制球、パワーを含めどのレベルでも突出する力がない」と酷評している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る