韓国最多勝の巨人・新助っ人セドン 米球界での「評判」は?

公開日: 更新日:

「韓国で実績があるとはいえ、日本ではやはり……」
 米メジャースカウトからこんな声が漏れているのが、20日に巨人と年俸8000万円で契約したクリス・セドン(30)のことだ。

 今季、韓国のSKで先発として30試合に登板し14勝6敗、防御率2.98で最多勝を獲得。193センチの長身から投げ下ろす140キロ台後半の直球とスライダー、チェンジアップ、シンカーはキレがあるといわれ、早くも巨人はローテーションの一角を担う左腕投手として期待しているという。

 しかし、メジャー関係者の評価は厳しい。あるスカウトは「韓国は直球狙いの打者が多く、どちらかといえば変化球が苦手。今季のセドンは多彩な変化球を駆使したので好成績を残せた。でも、選球眼がよく打席で粘り強い選手が多い日本ではそうはいかない。制球が甘いんですよ。韓国の実績だけで過大な期待をするのは危険です」と話す。

 セドンは計38試合(2勝3敗、防御率5.47)のメジャー経験があるが、ESPN(米スポーツ専門チャンネル)は「メジャーレベルでは三振が取れない。制球、パワーを含めどのレベルでも突出する力がない」と酷評している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る