大ピンチ救う ピックオフプレーの秘策

公開日: 更新日:

 緊迫した試合の終盤などで、大ピンチを救う守備のひとつに「ピックオフプレー」がある。多いのは一塁ベース上で行うもの。「1(投手)-3(一塁手)」「1-2(捕手)-3」「1-2-4(二塁手)」がある。

「1-3」は一、二塁、もしくは満塁の時に投手が一塁へ投げる牽制球のこと。先の塁に走者がいるため、一塁手はベースを空けて守る。油断している走者の背後から一塁手がベースに入った瞬間、牽制する。

■巨人や龍谷大平安も

 プロでは巨人が最近、このプレーを取り入れて刺している。センバツで優勝した龍谷大平安も、これでピンチを切り抜けていた。高校でも増えてきたが、初球から簡単にやるケースが多い。釣りでいえば、食いつくか食いつかないかのところでサオを上げているようなもの。これでは獲物に逃げられてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る