大ピンチ救う ピックオフプレーの秘策

公開日:  更新日:

 緊迫した試合の終盤などで、大ピンチを救う守備のひとつに「ピックオフプレー」がある。多いのは一塁ベース上で行うもの。「1(投手)-3(一塁手)」「1-2(捕手)-3」「1-2-4(二塁手)」がある。

「1-3」は一、二塁、もしくは満塁の時に投手が一塁へ投げる牽制球のこと。先の塁に走者がいるため、一塁手はベースを空けて守る。油断している走者の背後から一塁手がベースに入った瞬間、牽制する。

■巨人や龍谷大平安も

 プロでは巨人が最近、このプレーを取り入れて刺している。センバツで優勝した龍谷大平安も、これでピンチを切り抜けていた。高校でも増えてきたが、初球から簡単にやるケースが多い。釣りでいえば、食いつくか食いつかないかのところでサオを上げているようなもの。これでは獲物に逃げられてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る