4位浮上ヤクルト 「6連勝」&「セ打撃3部門トップ」の秘密

公開日:  更新日:

 18日現在、チーム打率(2割8分8厘)、本塁打(50)、得点(230)の打撃3部門でセのトップを走るのは、首位の広島でもなければ巨人でもない。この日の中日戦に勝って6連勝、4月7日以来の4位に浮上したヤクルトだ。

 振れているのは15本塁打のバレンティンに限らない。この日一発を放った山田は同僚の畠山に並ぶ6号。雄平は7本、川端は5本の本塁打をかっ飛ばしている。

 6連勝中の1試合平均得点は7.5点。といって、やみくもに一発狙いで振り回しているわけではない。象徴的なのがこの日の打撃だ。

■逆方向へつなぐ意識

 中日の朝倉に対し四回まで無安打も、五回以降放った8安打中7本までが中堅から逆方向への当たり。引っ張りで結果が出なければ、おのおのが逆方向につなぐ意識を持って打席に入っている。例えば右打者の山田も右方向へ打つ技術を手の内に入れてからボールの見極めがよくなったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る