• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4位浮上ヤクルト 「6連勝」&「セ打撃3部門トップ」の秘密

 18日現在、チーム打率(2割8分8厘)、本塁打(50)、得点(230)の打撃3部門でセのトップを走るのは、首位の広島でもなければ巨人でもない。この日の中日戦に勝って6連勝、4月7日以来の4位に浮上したヤクルトだ。

 振れているのは15本塁打のバレンティンに限らない。この日一発を放った山田は同僚の畠山に並ぶ6号。雄平は7本、川端は5本の本塁打をかっ飛ばしている。

 6連勝中の1試合平均得点は7.5点。といって、やみくもに一発狙いで振り回しているわけではない。象徴的なのがこの日の打撃だ。

■逆方向へつなぐ意識

 中日の朝倉に対し四回まで無安打も、五回以降放った8安打中7本までが中堅から逆方向への当たり。引っ張りで結果が出なければ、おのおのが逆方向につなぐ意識を持って打席に入っている。例えば右打者の山田も右方向へ打つ技術を手の内に入れてからボールの見極めがよくなったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る