「環境次第で化ける」 ヤクルト村中にライバル球団が熱視線

公開日: 更新日:

ヤクルトが出してくれたらいいんだけど……」

 某球団の編成担当がよだれを垂らさんばかりに見ていたのが、16日の韓国KIA戦に先発した左腕の村中(26)。3回無失点で最速は140キロをマーク。「ローテーションは確約されていないと思う。課題をひとつずつクリアしてアピールできたら」と、意欲を燃やした。

 対外試合初戦での先発。小川監督の期待の表れだが、本人が話すように、先発ローテ入りは同じ左腕の八木、赤川らとの争い。10年、12年に2ケタ勝利を挙げ、「将来のエース」といわれたものの、昨季は5勝にとどまった。「完全に伸び悩み」というチーム内の評価とは裏腹に、他球団からの評価が非常に高い。

「素材としては一級品なのに成長が止まっているのは、チームの期待の大きさが負担になっているのかもしれない。プロ8年目だけど、ブルペンでもいまだに悩みながら投げている感じがする。環境を変えてやれば、一気に化ける可能性はあると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る