• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エースは酷使され次々パンク 最下位ヤクルトの「悪しき伝統」

 ヤクルトの元エース・館山昌平(33)が大変なことになっている。一昨年に再建手術をした右肘じん帯が再び切れ、再手術を行ったことが判明した。

 今季開幕からの復帰を目指していた館山は、キャンプ中の練習試合を、わずか1球で緊急降板。その後、リハビリを進めていたが、去る5日の二軍戦でまたも1球でマウンドを降りた。小川監督は「最悪の結果。こうなった以上、しっかり治すしかない」と渋い表情だった。

「館山としては昨年の登板が2試合に終わり、復帰を急いだ面もあると思う。これで、由規らリハビリ組に対して首脳陣、トレーナーは、復帰にはかなり慎重になると思う」(マスコミ関係者)

 一方で、ヤクルトOBからは、11日のDeNA戦に先発し、8回9安打3失点で3勝目を挙げた小川への負担増を懸念する声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る