エースは酷使され次々パンク 最下位ヤクルトの「悪しき伝統」

公開日:  更新日:

 ヤクルトの元エース・館山昌平(33)が大変なことになっている。一昨年に再建手術をした右肘じん帯が再び切れ、再手術を行ったことが判明した。

 今季開幕からの復帰を目指していた館山は、キャンプ中の練習試合を、わずか1球で緊急降板。その後、リハビリを進めていたが、去る5日の二軍戦でまたも1球でマウンドを降りた。小川監督は「最悪の結果。こうなった以上、しっかり治すしかない」と渋い表情だった。

「館山としては昨年の登板が2試合に終わり、復帰を急いだ面もあると思う。これで、由規らリハビリ組に対して首脳陣、トレーナーは、復帰にはかなり慎重になると思う」(マスコミ関係者)

 一方で、ヤクルトOBからは、11日のDeNA戦に先発し、8回9安打3失点で3勝目を挙げた小川への負担増を懸念する声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る