エースは酷使され次々パンク 最下位ヤクルトの「悪しき伝統」

公開日: 更新日:

 ヤクルトの元エース・館山昌平(33)が大変なことになっている。一昨年に再建手術をした右肘じん帯が再び切れ、再手術を行ったことが判明した。

 今季開幕からの復帰を目指していた館山は、キャンプ中の練習試合を、わずか1球で緊急降板。その後、リハビリを進めていたが、去る5日の二軍戦でまたも1球でマウンドを降りた。小川監督は「最悪の結果。こうなった以上、しっかり治すしかない」と渋い表情だった。

「館山としては昨年の登板が2試合に終わり、復帰を急いだ面もあると思う。これで、由規らリハビリ組に対して首脳陣、トレーナーは、復帰にはかなり慎重になると思う」(マスコミ関係者)

 一方で、ヤクルトOBからは、11日のDeNA戦に先発し、8回9安打3失点で3勝目を挙げた小川への負担増を懸念する声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る