阪神「渡辺俊獲得」報道に色めくヤクルトに勝ち目なし?

公開日: 更新日:

「パ・リーグなんてたくさん、いい投手が余っている。でもチームにとって投手は何人いたっていい。相当なタマを用意しないと、簡単にはトレードしてくれないよ」

 これは、某セ球団の編成担当の嘆き節である。現在、投手力不足に悩む阪神ヤクルトなどが投手補強に動いているといわれる。国内でのトレードが簡単にはいかない現状、米国でプレーする元ロッテのサブマリンが注目を集めている。独立リーグ・アトランティックリーグのランカスターに所属する渡辺俊介(37)である。

 6日の一部スポーツ紙によると、中継ぎ不足に悩む阪神が渡辺の獲得調査に乗り出すという。この日の中日戦は延長十二回に勝ち越して勝つには勝ったが、中継ぎの加藤、安藤がピリッとしなかった。

 渡辺は昨オフ、レッドソックスとマイナー契約を結んでキャンプに参加するも、3月末に解雇。4月に現チームと契約し、中継ぎとして4試合に登板、1勝を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る