阪神「渡辺俊獲得」報道に色めくヤクルトに勝ち目なし?

公開日: 更新日:

「パ・リーグなんてたくさん、いい投手が余っている。でもチームにとって投手は何人いたっていい。相当なタマを用意しないと、簡単にはトレードしてくれないよ」

 これは、某セ球団の編成担当の嘆き節である。現在、投手力不足に悩む阪神ヤクルトなどが投手補強に動いているといわれる。国内でのトレードが簡単にはいかない現状、米国でプレーする元ロッテのサブマリンが注目を集めている。独立リーグ・アトランティックリーグのランカスターに所属する渡辺俊介(37)である。

 6日の一部スポーツ紙によると、中継ぎ不足に悩む阪神が渡辺の獲得調査に乗り出すという。この日の中日戦は延長十二回に勝ち越して勝つには勝ったが、中継ぎの加藤、安藤がピリッとしなかった。

 渡辺は昨オフ、レッドソックスとマイナー契約を結んでキャンプに参加するも、3月末に解雇。4月に現チームと契約し、中継ぎとして4試合に登板、1勝を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る