• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神「渡辺俊獲得」報道に色めくヤクルトに勝ち目なし?

「パ・リーグなんてたくさん、いい投手が余っている。でもチームにとって投手は何人いたっていい。相当なタマを用意しないと、簡単にはトレードしてくれないよ」

 これは、某セ球団の編成担当の嘆き節である。現在、投手力不足に悩む阪神、ヤクルトなどが投手補強に動いているといわれる。国内でのトレードが簡単にはいかない現状、米国でプレーする元ロッテのサブマリンが注目を集めている。独立リーグ・アトランティックリーグのランカスターに所属する渡辺俊介(37)である。

 6日の一部スポーツ紙によると、中継ぎ不足に悩む阪神が渡辺の獲得調査に乗り出すという。この日の中日戦は延長十二回に勝ち越して勝つには勝ったが、中継ぎの加藤、安藤がピリッとしなかった。

 渡辺は昨オフ、レッドソックスとマイナー契約を結んでキャンプに参加するも、3月末に解雇。4月に現チームと契約し、中継ぎとして4試合に登板、1勝を挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る