• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投手陣総崩れ ヤクルトが画策する“野手大出血”トレード

「投手のトレードを球団に要望? (他球団にうちで)使える選手がいるかどうかだけど、もちろんいるに越したことはない」

 23日の広島戦後、ヤクルトの小川監督がこう言った。

 チームは開幕から投手陣が総崩れ、エース小川も故障離脱する緊急事態だ。限られた戦力で戦い、就任4年間で2度のAクラスに導いた指揮官も、補強を求めざるを得ないようだ。

 編成トップの新専務は「トレードは考えていないわけじゃない。ただ、開幕直後のトレードは簡単にはいかない」と応じた。たしかに今の時期、どのチームも一、二軍の戦力を見極めている段階だし、投手はどの球団も出したくない。

■野手を大量放出か?

 しかし、フロントも手をこまねいているわけにはいかず、各球団を駆けずり回っているという。なかでも狙い目なのが、投手があり余っているソフトバンクだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る