日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズ岩隈 味方の援護なく2被弾7回4失点で初黒星

 マリナーズの岩隈は西地区最下位のアストロズ相手に4勝目に挑んだが、1点リードの六回に突然崩れた。

 1死後、アルトベの詰まった打球は右前にポトリ。今季メジャー昇格したスプリンガーに外角の甘いスライダーを左越えに逆転2ランされる。七回にも先頭のドミンゲスに右前打を許し、クラウスに右翼席に運ばれた。1試合2被弾は今季初。7回9安打、6三振、4失点でマウンドを降りた。

 ア・リーグ最低打率(.231)のアストロズ打線は、一発はあるものの打線のつながりはない。岩隈は五回までは低めに投球を集め、二回の1死満塁のピンチも4-6-3の併殺で切り抜けたが、六回からボールが浮き出した。

 警戒していたはずの一発に泣いた岩隈のホーム失点は昨年9月25日のロイヤルズ戦以来。打線も相手失策による1点しか奪えず援護がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事