8回2失点で3勝目も…マ軍岩隈が貫く「マイペース」の功罪

公開日:  更新日:

 シアトル・マリナーズの岩隈久志(33)が20日(日本時間21日)、敵地テキサス州アーリントンでのレンジャーズ戦に先発登板。元広島のルイスと投げ合い、8回を6安打2失点、1四球、3三振で3勝目を挙げた。試合は6─2でマリナーズが勝った。今季は4試合の登板で3勝0敗、防御率1・76と抜群の安定感だ。

 メジャー3年目にして、岩隈には風格すら漂う。昨季サイ・ヤング賞最終候補の3人に残っただけに、大ベテランのような振る舞いを見せているのだ。

 今季は1月の自主トレで右手中指を痛め、開幕から故障者リスト入り。4月に全休した遅れを取り戻すかのような働きぶりだが、好調をキープしているのは出遅れが幸いしたからである。

 昨季、チームトップの33試合(計219回3分の2)に登板した疲労が残ったままキャンプイン。オープン戦は登板せずに故障歴のある肩、ひじの疲れを回復させ、万全の状態で戦列に復帰できたこともプラスに作用している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る