日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カモが一転、苦手投手に…青木が語るマ軍岩隈「進化の秘密」

 マリナーズの岩隈久志(33)とロイヤルズの青木宣親(32)が8日(日本時間9日)対戦した。今季ポストシーズン進出のカギを握る日本人選手同士だけに、注目が集まった。

 結果は、岩隈がロイヤルズを8回無失点に抑え、マリナーズが1対0でロイヤルズを下した。青木は岩隈に対し、3打数1安打だった。

 日本で2人は、交流戦で3試合対戦、青木が1本塁打を含む12打数8安打。対戦が少ないとはいえ、当時楽天のエースだった右腕をカモにしていた。

 ところがメジャーでの直接対決では、岩隈に軍配が上がっている。昨年8月10日にシアトルで対戦、このときも岩隈が青木を4打数無安打に抑えている。

■縮まったフォークと速球の球速差

 青木は昨オフ、イベントなどに出席した際、岩隈について聞かれると決まって「(今季の)MVPだと思う。それぐらいの活躍だった」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事