コンフェデ杯の悪夢払拭へ 連覇狙うスペインに吹く“追い風”

公開日:  更新日:

南米大会の欧州勢は優勝なしだが…

 今大会で連覇を狙うスペイン。欧州予選を6勝2分けの無敗で突破した「無敵艦隊」は日本時間14日(午前4時~)、前回準優勝のオランダ戦で船出を迎えるが、最重要課題は「暑さ対策」だ。

 昨年6月のコンフェデ杯決勝では、王国ブラジル相手に0―3とまさかの完敗。その直前の準決勝イタリア戦でも気温35度、湿度80%というブラジル北部の高温多湿地帯にあるフォルタレザでのプレーを強いられて大苦戦。PK戦の末、決勝に進出したものの、スペイン代表のデルボスケ監督は「高温多湿による選手のコンディション不足」と語っていた。

 欧州リーグを主戦場とするスペイン代表選手は、比較的涼しく乾燥した気候で日々、プレーしている。そんな状況から南米開催の今大会は厳しい戦いが予想されている。

 しかし、「試合会場に恵まれた」ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る