専門筋が徹底分析 ブラジルW杯「優勝」「大穴」最終予想

公開日:  更新日:

 2014年ブラジルW杯は現地12日、ホスト国ブラジルと2大会ぶり4回目出場のクロアチアとの開幕戦(日本時間13日早朝5時キックオフ)で熱戦の火ぶたが切られる。そこで日刊ゲンダイ本誌サッカー班が、専門家筋の徹底分析をベースにしながら優勝国、大穴国、そして、日本代表のベスト8入りの可能性を占ってみた。

 英国ブックメーカー「ウィリアムヒル」のW杯優勝オッズをチェックしてみると、20回連続20回目出場の王国ブラジルが4.33倍で単独トップ。2位にスペイン、ドイツ、アルゼンチンが6倍で並んでいる。この〈4強〉に水をあけられる格好でベルギー、コロンビア、オランダが5位タイ組を形成。優勝オッズは17倍となっている。

「世界トップ級の名門クラブでプレーしている選手ばかりだが、ブラジル代表としての経験値は意外に低い選手が多い。CBダンテ、ボランチのグスタボ、FWジョーは20試合にも、ボランチのパウリーニョは30試合にも満たず、CBのD・ルイスやFWフレッジ、フッキも30試合ちょっとの出場歴しかない。熱狂的サポートに舞い上がらず、平常心で持てる力を100%発揮することが出来れば、ブラジルの優勝は揺るがない」(サッカーライター・平野史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る