日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

鈴木良平氏が見た開幕戦 「ブラジルの強さは技術だけじゃない」

 クロアチアが早い時間帯にオウンゴールを誘って先制したこと自体、大きな驚きではなかった。

 ホスト国のブラジルと完全アウェーの中で戦うクロアチア。ピッチに姿を現した選手には緊張が見えた。しかし、過緊張ではない。「勝つぞ!」という強い気持ちが顔をこわばらせたのである。

 その「強い気持ち」が先制点を呼び込む。試合開始と同時にクロアチアはフルパワーで挑み、ブラジルよりも先に試合のリズムをつかんだ。

 予想通りだった。左FWオリッチがクロスを放り込み、FWイエラビッチの左足シュートが右に流れ、それがブラジルDFマルセロの足に当たってオウンゴール。「まさか大会1点目がオレのオウンゴール……」。呆然とするマルセロの心の叫びが伝わってきた。

 こうなると、ブラジルの「誰が」「どの時間帯に」追いつくゴールを決めるのか? に焦点が集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事