• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国ドロー発進 国内での低評価は好転するのか?

投稿日:  更新日:

 韓国が初戦のロシア戦で1-1で引き分けた。後半23分に李根鎬のゴールで先制しながらも、6分後に追いつかれた。

 韓国国内ではこのドローをどう捉えるのか、注目される。何せ代表は、大会前から国内の評価がさっぱりだった。直前の強化試合に連敗したことで、国民的英雄の洪明甫監督(45)への風当たりも強まり、ファンは一層悲観的になっていた。

 同組ベルギーの偵察が来た10日の強化試合ガーナ戦では、選手がFIFA登録とは異なる「ニセ背番号」をつける“目くらまし作戦”で臨んだものの0-4と惨敗。「実力ゼロのくせに、こざかしい策ばかり使うな」などと、さらなる批判にさらされ、きのう(17日)の会見で韓国について聞かれたロシアのカペッロ監督(67)からは、「大事なのは選手たちの名前を知ることではない」と、痛烈な皮肉を浴びせられていた。

 日本に比べれば、お隣の国のプレッシャーは半端ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る