韓国ドロー発進 国内での低評価は好転するのか?

公開日:  更新日:

 韓国が初戦のロシア戦で1-1で引き分けた。後半23分に李根鎬のゴールで先制しながらも、6分後に追いつかれた。

 韓国国内ではこのドローをどう捉えるのか、注目される。何せ代表は、大会前から国内の評価がさっぱりだった。直前の強化試合に連敗したことで、国民的英雄の洪明甫監督(45)への風当たりも強まり、ファンは一層悲観的になっていた。

 同組ベルギーの偵察が来た10日の強化試合ガーナ戦では、選手がFIFA登録とは異なる「ニセ背番号」をつける“目くらまし作戦”で臨んだものの0-4と惨敗。「実力ゼロのくせに、こざかしい策ばかり使うな」などと、さらなる批判にさらされ、きのう(17日)の会見で韓国について聞かれたロシアのカペッロ監督(67)からは、「大事なのは選手たちの名前を知ることではない」と、痛烈な皮肉を浴びせられていた。

 日本に比べれば、お隣の国のプレッシャーは半端ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る