韓国がイチャモン 日本代表新ユニホーム「3つの誤算」

公開日:  更新日:

 日本代表が14年ブラジルW杯で着用する新ユニホームが11日、発表になった。

 デザイン上の特徴は2点。背中から肩口にかけて蛍光色の一本線が入っており、輪になって円陣を組んだ際、上空から見ると「ひとつの円」になる。日本代表の強い結束力を表しているという。もうひとつが、左胸の日本サッカー協会のエンブレムを中心に放射線状に伸びた計11本のラインだ。

 ところが、これが思わぬ波紋を呼ぶことになった。韓国の複数メディアが「第2次世界大戦で日本帝国主義が使用した戦犯旗・旭日旗に似ている」と噛みついてきたのである。

「今月初旬にスペインの某サイトが新デザインをスッパ抜いた。これに韓国メディアが《日帝戦犯旗を製作したのはドイツのメーカー。世界を恐怖に追い込んだ両当事者がパートナーになった。このユニホームがブラジルW杯に登場することをやめさせよう》と過剰反応した」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る