韓国がイチャモン 日本代表新ユニホーム「3つの誤算」

公開日: 更新日:

 日本代表が14年ブラジルW杯で着用する新ユニホームが11日、発表になった。

 デザイン上の特徴は2点。背中から肩口にかけて蛍光色の一本線が入っており、輪になって円陣を組んだ際、上空から見ると「ひとつの円」になる。日本代表の強い結束力を表しているという。もうひとつが、左胸の日本サッカー協会のエンブレムを中心に放射線状に伸びた計11本のラインだ。

 ところが、これが思わぬ波紋を呼ぶことになった。韓国の複数メディアが「第2次世界大戦で日本帝国主義が使用した戦犯旗・旭日旗に似ている」と噛みついてきたのである。

「今月初旬にスペインの某サイトが新デザインをスッパ抜いた。これに韓国メディアが《日帝戦犯旗を製作したのはドイツのメーカー。世界を恐怖に追い込んだ両当事者がパートナーになった。このユニホームがブラジルW杯に登場することをやめさせよう》と過剰反応した」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る