韓国では100万本売れた 夢の“毛生え薬”が6月発売

公開日: 更新日:

 薄毛に悩む男性にとっては、まさにバラ色のニュースではないか。従来の常識を覆すような「毛生え薬」や毛髪再生技術が続々と生まれようとしている。

 ひとつは「ビタブリッドC」という新商品。昨年12月に韓国で発売されると、5カ月で95万本が売れる爆発的ヒットを記録。これが6月下旬に日本でも販売開始されるのだ。モニターのAさん(46、公務員)は頭頂部の地肌が露出していたが、使用開始から12週間後、かなり薄毛の部分が隠れたという。

 ビタブリッドCがこれまでの育毛、増毛剤と大きく違うのは、薄毛の原因とされてきた「男性ホルモン原因説」ではなく、育毛分野ではマイナーな存在だった「ビタミンC」に着目した点だ。頭皮の老化に詳しく、商品のモニター実証実験に携わってきた県立広島大名誉教授の三羽信比古氏がこう言う。

「毛穴をふさぐ皮脂の過酸化を防ぎ、毛母細胞を守ることが育毛の最大のポイントですが、ビタミンCには毛細血管を増強し、毛母細胞の分裂を促す作用があります。ビタミンCの不足を補うことによって、発毛衰弱を防御できると考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る