• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国では100万本売れた 夢の“毛生え薬”が6月発売

 薄毛に悩む男性にとっては、まさにバラ色のニュースではないか。従来の常識を覆すような「毛生え薬」や毛髪再生技術が続々と生まれようとしている。

 ひとつは「ビタブリッドC」という新商品。昨年12月に韓国で発売されると、5カ月で95万本が売れる爆発的ヒットを記録。これが6月下旬に日本でも販売開始されるのだ。モニターのAさん(46、公務員)は頭頂部の地肌が露出していたが、使用開始から12週間後、かなり薄毛の部分が隠れたという。

 ビタブリッドCがこれまでの育毛、増毛剤と大きく違うのは、薄毛の原因とされてきた「男性ホルモン原因説」ではなく、育毛分野ではマイナーな存在だった「ビタミンC」に着目した点だ。頭皮の老化に詳しく、商品のモニター実証実験に携わってきた県立広島大名誉教授の三羽信比古氏がこう言う。

「毛穴をふさぐ皮脂の過酸化を防ぎ、毛母細胞を守ることが育毛の最大のポイントですが、ビタミンCには毛細血管を増強し、毛母細胞の分裂を促す作用があります。ビタミンCの不足を補うことによって、発毛衰弱を防御できると考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る