本田圭佑「虚像と実像」(18)「私が応援せんでもみんなが応援してくれる私はそれだけでええのよ」

公開日: 更新日:

小さな生家で帰りを待つ祖母が言った

■電撃訪問の真実

 10年W杯南アフリカ大会で日本代表のベスト16入りの原動力となり、世界中に「日本に本田あり」を印象付けた。W杯フィーバーが冷めやらぬ10年7月中旬。旬の男は母校・鳥飼北小など縁のある場所を次々に電撃訪問した。その際、訪問先と日程は直前まで明かされなかった。

 本田流の「配慮」だった。
 予定が漏れると大勢の報道陣やファンが殺到し、迎え入れる側に大きな負担を強いる。これを避けるため、本田は電撃訪問にこだわったのである。

「いつもの派手な服装ではなく、ポロシャツに短パンのラフな格好で学校や摂津市役所を訪問されました。本田さんなりの《余計な気を使わせたくない》という我々への配慮だったようです」(当時を知る摂津市職員)

 11年3月11日。列島は東日本大震災に見舞われたが、この時の本田の行動も素早かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る