本田圭佑「虚像と実像」(18)「私が応援せんでもみんなが応援してくれる私はそれだけでええのよ」

公開日:  更新日:

小さな生家で帰りを待つ祖母が言った

■電撃訪問の真実

 10年W杯南アフリカ大会で日本代表のベスト16入りの原動力となり、世界中に「日本に本田あり」を印象付けた。W杯フィーバーが冷めやらぬ10年7月中旬。旬の男は母校・鳥飼北小など縁のある場所を次々に電撃訪問した。その際、訪問先と日程は直前まで明かされなかった。

 本田流の「配慮」だった。
 予定が漏れると大勢の報道陣やファンが殺到し、迎え入れる側に大きな負担を強いる。これを避けるため、本田は電撃訪問にこだわったのである。

「いつもの派手な服装ではなく、ポロシャツに短パンのラフな格好で学校や摂津市役所を訪問されました。本田さんなりの《余計な気を使わせたくない》という我々への配慮だったようです」(当時を知る摂津市職員)

 11年3月11日。列島は東日本大震災に見舞われたが、この時の本田の行動も素早かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る