本田圭佑「虚像と実像」(18)「私が応援せんでもみんなが応援してくれる私はそれだけでええのよ」

公開日: 更新日:

小さな生家で帰りを待つ祖母が言った

■電撃訪問の真実

 10年W杯南アフリカ大会で日本代表のベスト16入りの原動力となり、世界中に「日本に本田あり」を印象付けた。W杯フィーバーが冷めやらぬ10年7月中旬。旬の男は母校・鳥飼北小など縁のある場所を次々に電撃訪問した。その際、訪問先と日程は直前まで明かされなかった。

 本田流の「配慮」だった。
 予定が漏れると大勢の報道陣やファンが殺到し、迎え入れる側に大きな負担を強いる。これを避けるため、本田は電撃訪問にこだわったのである。

「いつもの派手な服装ではなく、ポロシャツに短パンのラフな格好で学校や摂津市役所を訪問されました。本田さんなりの《余計な気を使わせたくない》という我々への配慮だったようです」(当時を知る摂津市職員)

 11年3月11日。列島は東日本大震災に見舞われたが、この時の本田の行動も素早かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る