本田圭佑「虚像と実像」(18)「私が応援せんでもみんなが応援してくれる私はそれだけでええのよ」

公開日:  更新日:

小さな生家で帰りを待つ祖母が言った

■電撃訪問の真実

 10年W杯南アフリカ大会で日本代表のベスト16入りの原動力となり、世界中に「日本に本田あり」を印象付けた。W杯フィーバーが冷めやらぬ10年7月中旬。旬の男は母校・鳥飼北小など縁のある場所を次々に電撃訪問した。その際、訪問先と日程は直前まで明かされなかった。

 本田流の「配慮」だった。
 予定が漏れると大勢の報道陣やファンが殺到し、迎え入れる側に大きな負担を強いる。これを避けるため、本田は電撃訪問にこだわったのである。

「いつもの派手な服装ではなく、ポロシャツに短パンのラフな格好で学校や摂津市役所を訪問されました。本田さんなりの《余計な気を使わせたくない》という我々への配慮だったようです」(当時を知る摂津市職員)

 11年3月11日。列島は東日本大震災に見舞われたが、この時の本田の行動も素早かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る