マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

女子プロがお手本 コンパクトなトップはテークバック始動で決まる

公開日: 更新日:

 先週の国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」はアン・ソンジュとプレーオフの末、酒井美紀がツアー初優勝を飾った。酒井は72ホール目でアンに並ばれ、通算17アンダーでホールアウト。プレーオフの2ホール目、50センチのウイニングパットを沈めて栄冠を手にした。
 この大会、ボクは3日目に会場である千葉のカメリアヒルズに足を運び、スタート前の練習、そしてスタートホールではティーグラウンド後方から20人ほどの選手たちのスイングを、じっくりと観察してきた。
 定点観測してみて改めて感じたのは、女子プロのスイングは均一化されていること。オーバースイングなのは横峯さくらぐらい。ほとんどの選手は左腕がピシッと伸び、コンパクトなトップになっている。シャフトクロスもほとんどいない。いかにも曲がらないスイングをしているのだ。
 では、どうすれば女子プロたちのようにコンパクトなトップがつくれるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る