原監督の“戦術”が原因 球宴史上初「巨人スタメン初戦ゼロ」

公開日: 更新日:

 18日の球宴初戦、事前に明らかにされていた通り、西武ドームのダイヤモンドの中に巨人の選手はひとりもいなかった。
 51年に始まり、今年で64回を数える球宴で、その第1戦の先発メンバーに巨人の選手が名を連ねないのは、史上初めてのこと。全セを率いる原監督は「ファンの方の夢の球宴ですし、ファン投票で1番という人を使う」と説明していたが、内心は忸怩たる思いだろう。セ首位を快走しながら、巨人からファン投票で選出されたのは、捕手の阿部慎之助だけ。原監督は中間発表の段階で、「(ファンは)巨人の選手を見たくないってことでしょ」とスネてもいた。

「いや、今回のファン投票の結果は、その原監督にも責任があると思いますけどね」と、スポーツライターの工藤健策氏が続ける。
「今年の原監督は商売下手な宝石商のようなものです。前半戦最後の2試合でそれまで4番を任せていた村田をいきなり7番にまで降格。調子が悪いという理由で坂本を7番、阿部を8番、長野を9番で使ったりする。指揮官として勝つための最善策を模索するのは理解できるが、ファンの立場からするとどうなのか。阿部も村田も長野、坂本も今の巨人の看板です。選手にはそれぞれ、『格』というものもある。その『格』をないがしろにするような起用をすれば、選手本人だけじゃなく、ファンも<軽く扱われているんだ>と思いますよ。監督の起用を見て、その程度の選手なんだな、というイメージが刷り込まれる。戦力で他球団を圧倒する巨人は、ダイヤモンドもルビーもサファイアも持っています。にもかかわらず、店主がお客に、これはダイヤモンドだけど傷物だからとか、このルビーは純度が低いと言っているようなもの。店主が自らの商品をおとしめているような印象を受けるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

  2. 2
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  3. 3
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  4. 4
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

  5. 5
    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

もっと見る

  1. 6
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 7
    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

  3. 8
    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

  4. 9
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  5. 10
    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化

    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化