中日・谷繁起用はダシ 原監督のセコい「阪神・藤浪対策」

公開日:  更新日:

 巨人勢が先発メンバーにひとりも入らなかった18日の球宴第1戦。原監督は「ファン投票を重視した」と言っていたものの、「9番・捕手」はなぜか監督推薦で自ら選出した中日の谷繁兼任監督だった。巨人では捕手の阿部がファン投票、選手間投票でも1位。兼任監督の重責を務めている谷繁に敬意を表したというが、重視する「ファンの声」でいうなら阿部のはずだ。

「慎之助(阿部)は甲子園の先発マスク。投手は藤浪、2番手は智之(菅野)…」と阿部をあえて2戦目に回したのは、後半戦を見据えてのことでもある。さる巨人OBはこう言った。
「捕手の阿部に受けさせたい投手が初戦のマエケン(広島)じゃなくて2戦目の藤浪(阪神)だったということ。阿部はマエケンとWBCでチームメートだったし、昨年の球宴でも受けている。キャリア的にも、今さら阿部が捕ってどうこうという投手でもない。だが、藤浪は今年の巨人戦で一度も投げていない。新人時代の昨年は3試合で1勝1敗。今年は前半戦で7勝と成長の跡を見せている上、150キロの球威とクセ球で厄介という印象もある。後半戦に向け、阿部に受けさせておくに越したことはないでしょう」

 2位阪神とは3・5ゲーム差。対戦成績も5勝7敗と負け越している。巨人は前半戦、阪神のメッセンジャーに0勝3敗。防御率は1・80と抑え込まれた。20歳の剛腕を新たな天敵にしないよう、原監督はしたたかに阿部にデータを取らせるつもりかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る