中日・谷繁起用はダシ 原監督のセコい「阪神・藤浪対策」

公開日: 更新日:

 巨人勢が先発メンバーにひとりも入らなかった18日の球宴第1戦。原監督は「ファン投票を重視した」と言っていたものの、「9番・捕手」はなぜか監督推薦で自ら選出した中日の谷繁兼任監督だった。巨人では捕手の阿部がファン投票、選手間投票でも1位。兼任監督の重責を務めている谷繁に敬意を表したというが、重視する「ファンの声」でいうなら阿部のはずだ。

「慎之助(阿部)は甲子園の先発マスク。投手は藤浪、2番手は智之(菅野)…」と阿部をあえて2戦目に回したのは、後半戦を見据えてのことでもある。さる巨人OBはこう言った。
「捕手の阿部に受けさせたい投手が初戦のマエケン(広島)じゃなくて2戦目の藤浪(阪神)だったということ。阿部はマエケンとWBCでチームメートだったし、昨年の球宴でも受けている。キャリア的にも、今さら阿部が捕ってどうこうという投手でもない。だが、藤浪は今年の巨人戦で一度も投げていない。新人時代の昨年は3試合で1勝1敗。今年は前半戦で7勝と成長の跡を見せている上、150キロの球威とクセ球で厄介という印象もある。後半戦に向け、阿部に受けさせておくに越したことはないでしょう」

 2位阪神とは3・5ゲーム差。対戦成績も5勝7敗と負け越している。巨人は前半戦、阪神のメッセンジャーに0勝3敗。防御率は1・80と抑え込まれた。20歳の剛腕を新たな天敵にしないよう、原監督はしたたかに阿部にデータを取らせるつもりかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る