中日・谷繁起用はダシ 原監督のセコい「阪神・藤浪対策」

公開日: 更新日:

 巨人勢が先発メンバーにひとりも入らなかった18日の球宴第1戦。原監督は「ファン投票を重視した」と言っていたものの、「9番・捕手」はなぜか監督推薦で自ら選出した中日の谷繁兼任監督だった。巨人では捕手の阿部がファン投票、選手間投票でも1位。兼任監督の重責を務めている谷繁に敬意を表したというが、重視する「ファンの声」でいうなら阿部のはずだ。

「慎之助(阿部)は甲子園の先発マスク。投手は藤浪、2番手は智之(菅野)…」と阿部をあえて2戦目に回したのは、後半戦を見据えてのことでもある。さる巨人OBはこう言った。
「捕手の阿部に受けさせたい投手が初戦のマエケン(広島)じゃなくて2戦目の藤浪(阪神)だったということ。阿部はマエケンとWBCでチームメートだったし、昨年の球宴でも受けている。キャリア的にも、今さら阿部が捕ってどうこうという投手でもない。だが、藤浪は今年の巨人戦で一度も投げていない。新人時代の昨年は3試合で1勝1敗。今年は前半戦で7勝と成長の跡を見せている上、150キロの球威とクセ球で厄介という印象もある。後半戦に向け、阿部に受けさせておくに越したことはないでしょう」

 2位阪神とは3・5ゲーム差。対戦成績も5勝7敗と負け越している。巨人は前半戦、阪神のメッセンジャーに0勝3敗。防御率は1・80と抑え込まれた。20歳の剛腕を新たな天敵にしないよう、原監督はしたたかに阿部にデータを取らせるつもりかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき